授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 冬季野外活動理論演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 多様化する社会生活における人々のストレスは、これまでにないほど高まってきている。そのストレスを緩和させる為には自由時間の過ごし方や何らかの生き甲斐を見つけることが有効である。
 そのため、人々のスポーツや野外活動への欲求が高まっており、生涯スポーツを学ぶ者にとって野外活動とその企画・運営についての知識や技術の習得および指導法は、これまで以上に重要である。
 本授業は、講義で冬季の野外活動に関するプランニングの方法、安全管理、指導に関する知識を学ぶ。集中授業では体験を通して冬季の野外活動に必要な知識や技術、自然の魅力、自然を楽しむためのマナーや危険回避方法、自然保護の重要性などを学習する。
 実習は、群馬県嬬恋高原にて4泊5日行う。
この授業で育成する力・スキルは、「集い力」・「心身を養う力」・「人間関係力」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件:2セメ以上
 他の科目との関連:夏季野外活動理論演習、野外活動指導演習

履修のポイント
留意事項
 学科の必修科目であり積極的に授業および実習に参加すること。
 出席、レポート、筆記試験、実習への参加態度を総合的に評価する。
 「欠席確認届」に対して代替処置ができない場合もある。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 生涯スポーツ学科 必修

2020/10/12 14:57:57 作成