授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 レクリエーショナルスポーツ演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
 さまざまな健康問題や社会問題などが人々を取り囲むなか、QOLを高める為には生活の中に楽しさや充実感、満足感を感じることが大切である。
 レクリエーショナルスポーツの指導者は、老若男女、運動が好きな人嫌いな人、得意な人苦手な人、すべての人々に対して、楽しさや充実感、満足感を感じさせる指導ができなければならない。
 この授業は、誰でも楽しみながら運動に関われる活動素材を選択し、その場の状況(目的、場所、人数、運動能力、経験など)に応じて運動やスポーツを安全に楽しませ、上達させる指導法を学ぶ。
 教材は、道具や用具がなくてもできるレクリエーショナルゲーム、ニュースポーツ、音楽を用いた運動や体操である。
 授業で育成する力・スキルは、「成し遂げ力」・「心身を養う力」・「指導力」・「人間関係力」である。

先修条件または
他の授業科目との関連
選択必修科目(グループ1)であり、卒業のためには、生涯スポーツ企画・運営演習、健康・体力づくり演習、エアロビクス運動演習、本科目の4科目のうち、2科目(4単位)の修得が必要である。

履修のポイント
留意事項
・出席、レポート、定期試験、演習への取り組む態度などを総合的に評価する。
・「レクリエーショナルスポーツ」や「指導法」に関心を持つと共に、関連分野にも関心を持ち広い視野で
 取り組むことを期待する。
・演習は積極的な態度で取り組むこと。
・「欠席確認届」に対して代替処置ができない場合もある。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 生涯スポーツ学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成