授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツカウンセリング
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
授業のテーマと到達目標
 授業のテーマは「スポーツカウンセリングの基礎的知識の獲得と心理技法の体験的理解」である.授業の到達目標は、1)スポーツ領域での心理的支援の概要に関する基礎的な知識を修得すること,2)心理支援で使われるアセスメントやトレーニング技法の修得,そして3)他者との体験の共有による自己理解である.
授業の概要
 我が国におけるスポーツ領域での心理支援は,スポーツカウンセリングとスポーツメンタルトレーニングに代表される.いずれも競技スポーツ場面と通じて発展しているが,その対象は競技スポーツだけに留まらない.子どものスポーツ,レクリエーションスポーツ,生涯スポーツ,アダプテッドスポーツなどさまざなスポーツの文脈で展開されている心理サポートである.
 本授業では,心理サポートの現状を学び,その後基礎的なプログラウムを体験する.それぞれのプログラム内容の体験をグループメンバーと共有することで,他者理解及び自己理解を深める.これらの作業は,対人支援職に必要とされる資質や態度について考える機会となる.
 この授業で育成する力・スキルは「自ら考える力」,「智能を磨く力」,「指導力」、「人間関係力」,「適応力」である.
先修条件または
他の授業科目との関連
関連授業科目は,学部共通科目の「スポーツ心理学」,生涯スポーツ学科専門教
育科目の「健康スポーツ心理学」である.
履修のポイント
留意事項
本授業は,スポーツカウンセラーやスポーツメンタルトレーニング指導士だけでなく,フィットネスクラブなどのインストラクター,生涯スポーツの指導者,スポーツトレーナー,リハビリテーション従事者,保健体育教員などをめざす学生を想定している.
 3分の2以下の出席は成績評価の対象とならない.成績評価は期末試験(30%)と学期
中のレポート等(70%)によって評価する.
学部・学科必修/選択の別
体育学部 生涯スポーツ学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成