授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 運動処方応用実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 高齢化社会を迎えた我が国において、競技としてのスポーツに加え、健康増進、疾病予防の観点から身体活動の重要性が見直されている。このような社会状況の中で、個人や集団の健康を守り、国民全体の健康・体力を維持・増進させていくことは、生涯スポーツに関係する者の義務でもある。
 本実習では、自己の健康・体力に対する認識を深め、健康・体力づくりの方法を理解し、それを実践できる能力を身に付けることを第一の目的とする。そして最終的には、体力測定や各種の測定結果を活用し、自己および他者、特に中高年者の健康・体力づくりのための指導および管理が適切に遂行できる能力を高めることを第二の目的とする。
 この授業で育成する力・スキルは、「自ら考える力(全学共通)」・「知能を磨く力(体育学部)」「指導力(生涯スポーツ学科)」である。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件:運動処方演習(科目先修条件)
 他科目との関連性:「運動処方論」「運動処方実習」「生理学」「運動生理学」「生涯スポーツ・健康科学研究法」「健康運動指導特講A」等と関連が深く、それら個々の内容の理解と実践力、そして総合力が望まれる。

履修のポイント
留意事項
 授業は前半(1限目)が実習に関連する基礎的な講義を行い、後半(2限目)に実験や測定等が行われる。毎回、実験や測定等のデータをまとめ、レポートとして提出が求められる。成績は、講義・実習への参加態度とレポート内容により総合評価する。
 本実習では、将来、市町村もしくは企業等において、国民の健康・体力づくりのための運動指導者を育成することを念頭に授業が行われる。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 生涯スポーツ学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成