授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生涯スポーツインターンシップ
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 生涯スポーツインターンシップは、実習を通じて生涯スポーツ活動への理解を深めるとともに、学内での実習事前準備、実習中の実習ノートの作成、実習終了後の「生涯スポーツインターンシップ報告書」の作成といった一連の内容を完結することによって達成される専門的資質の向上をめざす授業である。
 特にサマーセッション中における生涯スポーツ施設でのインターンシップは、入学から学んできた知識・技術と現場の一致・不一致を確認する機会であるとともに、生涯スポーツの現場における人間の理解、実践的な課題の理解と問題解決能力の養成をめざすことが
目標となる。
 したがって学内の講義では、インターンシップへの心構え、インターンシップ機関の決定、自己紹介書(インターンシップへの抱負)の作成を通じて、インターンシップに臨む態度を培う。インターンシップ中はインターンシップノートの作成による自己点検を行い、インターンシップ終了後には「生涯スポーツインターンシップ報告書」の作成から授業目標の達成をめざすことになる。
 さまざまな生涯スポーツ現場のインターンシップ機関において実習を行うことが可能である。しかし、健康運動指導士の資格を取得しようとする学生は、健康増進施設における実習を義務づける。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件:第5セメスターから履修可能。
履修のポイント
留意事項
 学内の授業だけでなく、外部機関にてインターンシップを行うため真剣な態度が必要である。またインターンシップは、サマーセッションに行うことになるのでスケジュールの調整が必要である。 
 インターシップを実施する機関に、インターンシップのお願いしてからの取りやめは学校の信頼にもかかわるのでやめてほしい。

学部・学科必修/選択の別
体育学部 生涯スポーツ学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成