授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 数理科学演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
この授業では,1セメスターから3セメスターまでに学んだ数理科学的内容と情報科学的内容が,どのように融合して利用されているかを様々な側面から学ぶ.きわめて実践的な科目で,数理科学の様々な分野でコンピュータを利用する場合の考え方や方法・技術などを集中的に学ぶことを目標とする.数理科学的内容を記述するアルゴリズムについて学び,それをどのようにプログラミングして,ソフトウェア化するかについて実習を通して学ぶ,課題が提示されるので,以下のような段階を追ってそれを解決する.
(1)まず問題を十分に理解する.
(2)アルゴリズムを考察する.
(3)プログラミングをするために,必要なデータ構造を定め,それに応じたアルゴリズムになるように改訂し,具体的な手順を記述する.
(4)実際に、コンピュータで実行して,使い勝手を考慮してプログラムを改善する.
(5)プログラムが完成したら,実験を行う.
(6)以上の結果,分析,考察,改善の経過や仕様をレポートにまとめ提出する.

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力、成し遂げ力
学部  :総合的な判断力
学科  :数理的センス、ITスキル

先修条件または
他の授業科目との関連
第4セメスター以降でないと履修できない.

履修のポイント
留意事項
問題の分析をグループで行うのは有効なことである.ただしプログラミング,文書作成等
のレポート作成では自分のオリジナリティを示さなければいけない.

学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 必修

2020/10/12 14:57:57 作成