授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 線形代数続論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
線形代数は、自然科学の分野における最も基本的で有用な数学の一つである。わかりやすくて論理的な計算手順が多く、しかも適度な計算力を必要とするため、継続的な学習習慣を身に付けるとともに柔軟な思考の育成を行う。また、具体的な計算だけでなく背後にある線形空間を意識することにより、抽象的な思考や、大きな枠組みで物事を捉える訓練も行う。

線形代数続論では内積空間、対称行列の対角化、2次形式など、「線形代数2」の続きの内容について学習する。講義以外に演習を行うことにより線形代数の理解がより深められ、様々な分野への応用力を育成する。

授業で育成するスキル
全学共通:自ら考える力
学部:専門性に対応できる基礎力
学科:数理的センス
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特にないが、「線形代数1」、「線形代数2」を履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
線形代数2の内容についてしっかりと理解していることが望ましい。特に(抽象)ベクトル空間と基底、線形写像に関する理解は必須である。
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成