授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 微分積分学2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
微分積分学1に続く科目である。微分積分学は、理学・工学の基礎となるのみならず、経済学・社会学などを数理科学的に取り扱う際の重要な方法・道具である。更に、コンュータを用いた数値計算や数式処理を理解するときにも必要な科目である。この科目では、上記のことを念頭におきつつ、以下に述べる項目を題材に、微分積分学や更に進んだ解析学の構造・基本的な考え方、色々な計算法の基本を解説し、演習によってそれらをマスターする事を目標とする。具体的な内容は以下のものがある。
1.多変数関数の微分法とその応用
2.多変数関数の積分法とその応用
これらについて、理論と計算手法の両面からの深い理解を目指す。微分積分学を理解する上で、図形的に考えることも重要である。

授業で育成する力・スキル
 全学共通: 自ら考える力
 学部  : 専門性に対応できる基礎力
 学科  : 数理的センス
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設けていないが、微分積分学1、線形代数1を修得していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
論理的思考、計算技術及び幾何学的イメージを習得するために、授業を聴くだけではな
く、基本的な例題を繰り返し学習することが必要である。
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成