授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 解析学序論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
微分積分学1、2に続く科目である。微分積分学は、理学・工学の基礎となっているのみならず、経済学・社会学などを数理科学的に取り扱う際の重要な方法・道具である。更に、コンピュータを用いた数値計算や数式処理を理解するときにも必要な科目である。この科目では、上記のことを念頭におきつつ、微分積分学の理論における基礎理論を学ぶことを目標とする。具体的な内容は以下のものがある。
1.実数の連続性と極限概念
2. 関数列、級数、整級数
3.微分方程式の初等解法と基礎理論
これらについて、理論及び計算技術の習得を狙いとする。抽象的な理論を理解する上で、具体的な数値例を通して多くの経験を積むことが大切である。

授業で育成する力・スキル
 全学共通: 自ら考える力
 学部  : 専門性に対応できる基礎力
 学科  : 数理的センス
先修条件または
他の授業科目との関連
微分積分学1、2に続く科目である。先修条件は設けていないが、微分積分学1、2を修得していることが望ましい。この科目は、解析系科目や確率・統計系科目の基盤となるものである。
履修のポイント
留意事項
講義に出席するだけでなく、関連書籍を調べて論理的思考力や計算能力を高めていくことが大切である。
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成