授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 幾何学B
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
図形の性質を数学的に考察する学問を幾何学ということ、幾何学は数学の重要な研究分野であることを改めて述べる必要もないだろう。
幾何学は情報処理の様々な分野に応用されている.コンピュータグラフィックスや画像処理のような直接図形を取り扱う分野だけではなく、暗号や計算代数などにも応用されている。
この授業では、図形を直感的に取り扱う考察力とそれを数学的に論証(証明)する論理性の習得を目指す。比較的予備知識の要らない幾何学的話題を取り上げ、線形代数や微分積分などの数学的知識を使って考察する。

授業で育成する力・スキル 
全学共通: 自ら考える力
学部  : 専門性に対応できる基礎力
学科  : 数理的センス
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが,「線形代数1」、「線形代数2」、「微分積分学1」、「微分積分学2」「幾何学序論」を履修した後、5セメスター以降に履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
幾何学的概念は多くの場合直感的なアイデアが基になっているので字面だけでなくその直感的な内容の理解に努めること。次にそれらの概念を数学的に考察するのに必要な論理性を身につけること。定理の内容を理解することだけでなく、定理の証明を読み、理解するように学習すること。
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成