授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 確率とその応用
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講1グループ
授業の目標
 この授業は確率序論の続きであり,確率論の理論体系の一端に触れ,基礎概念や基本事項の習得をもとに,応用的な面も扱い,広い視野を体得することを目標とする.まず,確率序論の復習をするとともに,確率の収束の概念について学ぶ.確率論では,解析学などに現れる収束の概念とは異なり,確率特有の収束の概念があり,これは統計学の基盤となっている,大数の法則や中心極限定理を導くために必要である.この授業では,確率の収束の概念の基礎を学びつつ,統計学を意識した応用を学んでいく.また授業後半では,応用分野で広く使われる,マルコフ連鎖やランダムウォークなどを習得する. 

授業で育成する力・スキル
全学共通: 挑み力,成し遂げる力
学部  : 専門性に対応できる基礎力
学科  : 数理的センス

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は設けていない.しかし,授業科目確率序論と統計序論で扱われる基本事項と内容については理解していることを前提とする.
履修のポイント
留意事項
 系統的に内容を進めていくので学び終わったことを確実に理解し忘れないよう留意すべきである.部分的に理解することは困難.、自発的な予習,復習および関係する問題を解くなど,自ら積極的に取り組む姿勢が履修のポイントである.
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成