授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 シミュレーション
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
科学技術の発展は,仮説を立て,それを証明・検証することで成し遂げられてきた.
この証明・検証には,自然現象の観察,数学的証明,実験による検証などが使われてきたが,20世紀にここに新たな手法が加わった.それがシミュレーションである.
本講義ではシミュレーションについての数学的な基礎理論を講義により学ぶとともに,コンピュータを使ったシミュレーション実習により,より実践的にその技法を学ぶ.
物理シミュレーションから社会現象のシミュレーションまで,多方面にわたるシミュレーションを扱うことで,シミュレーションの基礎理論から応用までの理解を深めるとともに,数理的なセンスの養成を目指す.

授業で育成する力
大学共通: 成し遂げ力
学部:     総合的な判断力
学科:     数理的センス, ITスキル

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件ではないが, 確率序論,統計序論を修得後に履修することが望ましい. 
履修のポイント
留意事項
授業で扱うシミュレーションの意味や,そこから得られる知識の限界を常に意識することが必要である.

学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成