授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 論理学序論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
【授業で育成する力・スキル】
全学共通:自ら考える力
学部  :専門性に対応できる基礎力
学科  :数理的センス

「基礎数理A」で学ぶ,「命題論理」と「述語論理」をさらに深く学び,応用力を身につける科目である。

 命題論理の考え方は,論理関数および論理回路における考え方と共通している。実際,工学的には論理関数・論理回路として応用されることが多い。この点を考慮して,命題論理と論理関数・論理回路が基本的には同じ理論であることを解説する。

 述語論理については,量化記号の働きを中心に解説する。特に,述語論理におけるド・モルガンの法則を詳解する。また量化記号「∀」と「∃」が同時に現れる論理式において,「∀∃」と「∃∀」の意味がどう違うかについても多くの例題を用いて解説する。

 数理論理学を様々な問題解決に応用する方法を学ぶことにより,通常のプログラミング学習にないアルゴリズムに対する視点を獲得し,ソフトウェアに対するより広い理解を得ることが出来る。

 
先修条件または
他の授業科目との関連
【先修条件】
「基礎数理A」を修得しておくことが望ましい。

【他の授業科目との関連】
この科目は「数理論理学」および「論理学とその応用」へと内容が,発展・継承する。
履修のポイント
留意事項
 演習を交えながら講義を進行することによって理解の定着を図るが,各自の復習も重
要である。予習することによって,授業への参加が自発的になる。さらには,授業中の
質問によって疑問事項はその場で解決することが望ましい。

 成績は,定期試験,レポートを総合して判定する。
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成