授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 離散数学序論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
離散数学における組合せ論やグラフ理論は、アルゴリズムの設計や解析との関連でコンピュータサイエンスの基礎として重要であり、純粋数学としても活発に研究され独自に発達している。本講義では、離散数学系の分野、特に、グラフ理論及び、組合せ論をデータベースの構築、情報検索という実践的な内容に触れながら学ぶ。これらのことを通してコンピュータサイエンスにとって重要な『問題対象を有限離散的に捉え解決するための基礎的方法・知識・技術』の習得を実習を通して目指す。

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
学部  :専門性に対応できる基礎力
学科  :数理的センス、ITスキル
先修条件または
他の授業科目との関連
「基礎数理A・B」を受講していることが望ましい。また、第6セメスター以後(情報数理学科において)開講される数理論理学、論理学とその応用、オペレーションズ・リサーチ、ネットワークと最適化、グラフ理論、確率とその応用、数理統計学、データベース、データ構造とアルゴリズム1・2、応用情報処理A・B、人工知能A・B、コンピュータ・アーキテクチャー、シミュレーション等の科目の基礎となっている。先修条件はない。

履修のポイント
留意事項
(1)情報処理系、代数・解析系の基礎的素養があることが望ましい。
(2)期末テスト、数回のレポート、小テスト等を利用して総合的に成績を付ける

学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成