授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 グラフ理論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
自然科学から遺伝子、考古学に至る幅広い分野にわたって、数学的表現及び、問題解析の手段として利用されているグラフ理論について学ぶ。ここでは、様々な問題への応用をもつ彩色問題を中心的な話題として実習を踏まえて学び、独立集合、被覆、支配集合、クリーク被覆等の概念や彩色理論において最先端の分野の1つである理想グラフについても学ぶ。理想グラフの理論を学ぶ際に、社会現象をモデル化した区間グラフ、置換グラフ等の様々なグラフの族に関する理論及びそのアルゴリズム的側面についても触れる。

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
学部  :専門性に対応できる基礎力
学科  :数理的センス
先修条件または
他の授業科目との関連
(1)基礎数理A・B、離散数学序論等を履修しておくことが望ましい。情報処理系、確率・統計系、数理論理系の基礎的素養があるとよい。
(2)離散数学系のオペレーションズ・リサーチ、ネットワークと最適化とは独立した話題を扱うが、これらの科目と共に履修することにより、多くの最先端の話題に触れることができる。
(3)先修条件はない。
履修のポイント
留意事項

期末テスト、数回のレポート、小テストを利用して総合的に成績をつける

学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成