授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 データ構造とアルゴリズム1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
この授業では, プログラミングにとって, 必須な概念であるデータ構造とアルゴリズムを理解し, ソフトウェア開発で利用できるようになることを目指す. ソフトウェアは, ある目的に対して作成される. データ構造とはソフトウェアで扱うデータをどのように保持するかについての定義である. アルゴリズムは, そのデータ構造を用い, どのようにソフトウェアの目的を達成するかという一連の手順を書き記したものである. 

問題によっては, どのようなデータ構造やアルゴリズムを用いても, 問題が解けることもある. しかし, そのために途方もない時間が必要になることもある. 本講義では, スタック, キュー, デキュー, リスト, 二分木, 二分探索木等を題材に, アルゴリズムがどれだけの時間で処理が終わるのか(時間計算量), どれだけのメモリを必要とするのか(領域計算量)について, 実習をおこないながら, 解説する. 

授業で育成する力・スキル
大学共通: 自ら考える力
学部:     総合的な判断力
学科:     数理的センス, ITスキル
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件ではないが, プログラミング1,2を修得後に履修することが望ましい. 
履修のポイント
留意事項
基本情報処理技術者試験を受験する学生にとっては, 必須科目である. 
この授業は, 週1回のため授業内であまり演習をおこなうことはできないため, 授業以外での自習が必須である.
学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成