授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンピュータ・アーキテクチャー
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
コンピュータは, ソフトウェアだけでは動作しない. それを動作させる機械, つまりハードウェアが必要となる. この授業では, ハードウェアの概要と,そのソフトウェアとの関わりについて理解することを目的とする. 

コンピュータのハードウェアは, 出力部, 記憶部, 記憶部, 演算部, 制御部の5つの要素で構成されている. これらを演算部と制御部をまとめた処理装置(プロセッサ), 記憶装置, 入出力装置として分類し, それぞれの部分がどのような構造になっていて, どのように制御され, どのような役割を果たしているのかを学習していく.本科目では実習も行うが,実習では, 実行速度やメモリ使用量の計測・制御などを行う.

また, コンピュータの評価の重要なポイントである性能と信頼性について考えながら, コンピュータがどのように発展してきたかをアーキテクチャの面から説明していく.

授業で育成する力・スキル
大学共通: 成し遂げ力
学部:     専門性に対応できる基礎力
学科:     ITスキル
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない. また, 他の科目との関連はない.
履修のポイント
留意事項
基本情報処理技術者試験を受験する学生にとっては, 必須科目である. 
ソフトウェアとハードウェアはコンピュータの両輪であり, それらが相互に影響を
与え, コンピュータを動作させている. 

学部・学科必修/選択の別
理学部 情報数理学科 選択必修

2020/10/12 14:57:57 作成