授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 基本情報処理1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 プログラミングやシステム開発を行うことを主たる目的とした、いわゆる情報技術者は高度IT人材と呼ばれる。高度IT人材を目指すための基礎的な知識は大きく4つに分けることができ、(1)情報基礎理論、コンピュータシステム、データベース、ネットワーク、セキュリティ、システム開発などに関するテクノロジ系の知識、(2)企業活動、法務、経営戦略やシステム戦略に関するストラテジ系の知識、(3)システム開発技術やプロジェクトマネジメント、サービスマネジメントに関するマネジメント系の知識、(4)システム設計やプログラミングの為の(1)〜(3)を含めた総合的設計開発技術、となっている。
 本講義では、(1)テクノロジ系の知識について学習を進めることを目的としている。なお、学習範囲は独立行政法人情報処理推進機構基本情報技術者試験シラバスに準拠しているため、経済産業省認定の国家試験である「基本情報技術者試験」に対応した内容を行う。
 この授業の育成する力、スキルは「自ら考える力」、「成し遂げ力」と「情報処理力(論理力、問題解決力、ソフトウェア開発力)」である。
先修条件または
他の授業科目との関連
 「基本情報処理1」と「基本情報処理2」は連続科目であり、「基本情報処理1」から履修し、同セメスターで双方を履修しないことを推奨する。
履修のポイント
留意事項
(1) 授業内容に応じた課題や小テストは適宜課す。
(2) 成績評価の基準はシラバス詳細を参照のこと。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 情報科学科 選択

2020/04/02 19:25:52 作成