授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 離散数学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 コンピュータの世界はデジタルの世界であり、必要とされる数学は有限で離散的なものである。離散数学とは有限で離散的な対象を扱う数学の一分野であり、コンピュータのハードウェア、ソフトウェアのみならず、多くの情報系学問分野を理解する上で必須の学問である。離散数学は非常に多岐にわたる学問であるが、本科目では主に、集合、関係と写像、命題論理と述語論理、帰納法と再帰、グラフ理論などを学ぶ。この授業では、これら離散数学の基礎知識や計算技法の習得を目指すことはもちろんのこと、数理論理的思考能力を向上させることもあわせて目標とする。
 本授業により育成する力・スキル: 「自ら考える力」、「情報の基礎を理解し活用する力」、「情報処理の原理を理解し使いこなす力」
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件は特にないが、高校程度の数学を身につけていることが望ましい。本科目は情報科学の基礎をなす科目であり、学科開講科目では特に、「コンピュータシステム」、「プログラミング実習1・2」、「データ構造とアルゴリズム」、「電子回路」、「情報理論」、「情報通信ネットワーク」と関連が深い。
履修のポイント
留意事項
 本科目の理解を深めるためには、多くの演習問題を自らの力で解くことが必要である。
授業時間内に演習を多く実施するので、積極的な態度で授業に望んで欲しい。また、シラ
バス(詳細)に記載されている授業スケジュールを参考に、予習・復習をかかさずに実施
して欲しい。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 情報科学科 選択

2020/04/02 19:25:52 作成