授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンピュータシステム
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 この科目の目標は、コンピューに関する基本的な知識の習得である。
 まず、コンピュータ科学の歴史を学習するために、過去の計算機から現在のコンピュータにいたる発展過程を概観し、そのアーキテクチャの変遷を説明する。またコンピュータ内部でのデータの取り扱いを理解するために、整数、実数および文字の符号化を例にコンピュータ内部でのデータ表現について説明し、論理演算とコンピュータを構成する演算回路および記憶回路の動作を解説する。コンピュータ本体や周辺機器などのハードウエアとオペレーティング・システムなどのソフトウエアの各々の機能を説明し、コンピュータシステムとしてのそれらの組み合わせについて講義を行う。さらにコンピュータネットワークシステムの基礎について解説し、その利用形態や問題点などを考えると共に実社会においてコンピュータがどのように利用されているか、いくつかの例を紹介する。
 本授業により育成する力・スキル: 「自ら考える力」、「情報の基礎を理解し活用する力」、「情報処理の原理を理解し使いこなす力」
先修条件または
他の授業科目との関連
 今後学ぶコンピュータに関連する全ての科目の基礎となる。プログラミング技術の習得にはコンピュータのアーキテクチャに関する知識も必要であるため、「プログラミング1および2」の履修の前に本科目を履修することを推奨する。
履修のポイント
留意事項
 情報系の学生としては必須の内容であり、理解を深めるために積極的な態度で授業に参加することが望まれる。
学部・学科必修/選択の別
情報理工学部 情報科学科 選択

2020/04/02 19:25:52 作成