授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築デザイン演習1
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
建築学科における設計実習科目の第一歩となる科目です。将来建築に携わる者が備えるべき造形感覚や色彩感覚等のデザインの基礎的技術を磨き、表現技術の手法を学びます。その上で建築空間を計画、設計する際の共通言語となる図面の基礎的表現を身につけ、図面(2次元)と立体空間(3次元)の関係を読み取る能力と、空間計画の基本となるスケール感を養うことを目的とします。
                          
先修条件または
他の授業科目との関連
この科目で学ぶ建築空間の表現技法は、「建築デザイン演習2ー6」および「卒業設計」などすべての建築設計に関わる科目の基本となるものです。
先修条件はありません。
履修のポイント
留意事項
授業は、学内作業と学外作業をもって行います。学内作業では、基礎的技術の説明とともに決められた課題を授業時間内で仕上げることを原則とします。また、学外課題は、授業の応用的課題です。
いずれも提出期限厳守で、全課題を提出した者が成績評価の対象となります。

学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成