授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築デザイン演習4
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
建築設計の基礎をより専門的に学ぶ授業・演習科目です。この授業では、建築デザイン演習3までに学んだ住宅設計における基礎的な考え方とその表現方法を基として、建築設計作業の進め方とそのために必要な考察力およびコミュニケーション言語を学ぶことを目標として設計課題がだされ、それらの提案作業、エスキス作業、提出物作成、講評というプロセスが繰り返されます。建築の設計は、様々な機能を対象としなくてはなりません。建築デザイン4では、その基礎能力を養うために、自分自身の発想を設計へと繋げていく演習をおこないます。授業は、コンセプトと呼ばれる建築的発想を重視した周辺環境を考える課題からスタートし、小規模な公共建築を対象とした、複雑な機能が要求される建築プログラムを解く訓練と、社会性・公共性を考えた提案、デザインへとつなげていく演習課題が出され、建築界の第一線で活躍されている建築家によるクリティック(批評)を受けながら、建築設計の基礎を学ぶことができます。各課題は、課題趣旨の説明、レクチャーのあとに基本的な構想をねる提案、エスキス作業を経て、3次元的な空間把握を獲得するためのスタディー模型作り、エスキス作業のまとめとしての中間提出、最終案の設計図面、模型の提出、優秀作品の講評などによって構成されています。製図室における授業は課題説明、担当教員によるエスキスチェック、講評などが主体であり、参考資料の蒐集、エスキススケッチ、図面、模型の作成は主にホームワークとなるため、課題ごとに定められた期限までに必要な作業を進めるスケジュール管理能力と授業における予習・復習が要求されるでしょう。
先修条件または
他の授業科目との関連
建築デザイン演習1から3までの履修が望まれます。また、建築計画などの建築計画科目及び日本建築史等の建築史科目の履修が、デザインのより豊かな発想につながると考えられます。
履修のポイント
留意事項
毎回出席し、エスキースを受け、自らのアイデアを発展させることが重要となります。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成