授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 空間計画
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 建築計画及び建築設計の過程では、社会及び個人の様々な要求を可能な限り明確・詳細
に把握し、各種の建築的環境に応じて異なる機能を調査した上で、これを計画・設計概要
書としてまとめる能力が求められる。そしてここでは建築的環境が構築される場合の社会
的意義・役割を認識すると同時に、人間工学的な要求、面積規模の適正な設定等を行うこ
とが直接の課題となる。この過程において、計画・設計に関わる者の職能・資質として、 
1)計画・設計に関わる情報を可能な限り収集し、問題を設定し、多面的な分析と総合的な
判断によって、実践的な戦略を立てること 2)三次元思考により計画・設計案の作成を展開
し、発散思考、集中思考、再考の過程を繰り返しながらコンセプトをまとめること 3)発散
するさまざまな要因を調和させ、情報を統合し、様々な技能を使用して、創造的な計画・
設計案をまとめること等が求められる。
  本講義では、このような計画・設計過程における建築技術者としての基本的職能・資質
を修得することを目的として、空間計画の基礎、及びその応用手法について取りあげる。
先修条件または
他の授業科目との関連
 特になし。
履修のポイント
留意事項
 建築物を実際に見学して学ぶ習慣をつけて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成