授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本建築史2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本講義は、日本建築の技術と空間の歴史を、古代から近代を通して概観するものです。
 日本建築の最大の特徴は「木造」に特化する点であり、その長所を活かし、構造上の短所を補いながら、独自の空間を創造してきました。柱と梁による構造、地場材の利用、梁間の制約などの条件が設計・施工上の工夫を生み、また用法の変化や宗教上の理論が特殊な空間を育みました。
 一方、近代には洋風建築の導入、新素材・新技術の採用により、時代の要請に応じた新たな空間が創造され、伝統的な和風建築もまたその影響を受けて変容しました。
 本講義では、以上の視点から日本建築の歴史を学び、建築に対する視野を広げるとともに、建築を考える上での基礎を固めることを目標とします。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はありません。春学期に開講する「日本建築史1」を本科目の後に履修することも可能です。建築史分野の科目として、他に「西洋建築史1」「西洋建築史2」「近現代建築史」「建築文化史」等が開講されていますので、関心に応じて履修し、地域・年代・視点の幅を広げてください。

履修のポイント
留意事項
 科目で扱う建築作品は、日本国内を中心とします。授業だけではなく、実作を見学し、その空間を体験することが理解を深めることに繋がります。
 また、授業の最後に行う小課題によって、授業の理解度を確認してください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成