授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築環境工学・演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本科目は建築計画・設計において、直感やひらめきなどの感性で生み出されるデザイン
とは異なり、理論的に説明でき、定量的に取り扱われる工学的な知識を習得することを目
的とします。すなわち、冬の日射、夏の通風の利用、また 冬のすきま風、夏の日射を如何
に防いでより快適な室内環境を創るかなど、積極的に自然エネルギーを利用、制御して省
エネルギーも考慮に入れた優れた建築計画をするための基礎知識を修得するための学問で
す。 従って、本科目で学ぶ分野は主として人間と建築を取り巻く自然環境 との関係であ
り、具体的な項目としては快適条件、日照・日射、採光・照明、室内換気、建築伝熱、湿
気・結露、建築音響です。これらの項目について、現実に則した具体的な数値を使って演
習問題を解きながら授業を進めます。 また、本科目は冷房 ・暖房・給排水 ・電気設備な
どの建築設備の基礎となる学問であり、自然エネルギーの有効利用など 『省エネルギー建
築』 の設計計画 には不可欠の知識です。
先修条件または
他の授業科目との関連
この科目には先修条件はありません。この科目は「建築環境計画・演習」の先修条件になります。
履修のポイント
留意事項
毎週の授業前には教科書で学習範囲の予習を行い、授業後には授業中で提示された演習
課題や教科書にある演習問題などによって十分に復習を行うことが大切です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成