授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築設備計画
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 建築設備計画は建築設備の空気調和編と給排水衛生編に連続した科目であり、建築設備が一般建築技術者を志す学生に対する基礎的な講義であるのに対し、この科目は将来建築設備技術者を志す学生あるいは特に建築設備を深く学びたい学生が、計算、応用を主体とした専門的な知識を習得することを目標としています。授業では、まず空気調和換気設備の概要について説明し、更に実際の設計の手順に従って、設備機器の容量を決めるのに必要な負荷の計算および湿り空気線図を用いた空気の状態変化、冷温熱源機器の容量とファン、ポンプ、ダクト、配管サイズなど空気調和設備における設計に必要な計算ついて説明します。続いて給排水衛生設備では、その概要を説明し、衛生器具レイアウトと給水設備、給湯設備、排水通期設備について負荷と能力の算定について説明します。将来、環境設備系の卒業研究の履修を希望する学生はこの科目を履修すると同時に、建築設備設計演習も履修することが重要です。
  生活水準の向上と産業の発展に伴って、建築設備の分野は拡大し、また高度化しています。学生諸君がこれらの専門知識を学び、理解し、建築と設備の設計と施工時に大いに役立ててもらうことを望みます。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、5セメスター以降が履修条件になります。建築設備を履修しておくことが望ましいほか、建築環境工学との関連が深いので、予めこれらの科目を復習しておく必要があります。また物理学などの基礎的知識を必要とします。建築設備設計演習を履修する学生は、本科目を同時に履修することが望ましいです。
履修のポイント
留意事項
 本科目では、まず空気調和換気設備の概要について説明し、更に実際の設計の手順に従って、設備機器の容量を決めるのに必要な負荷の計算および湿り空気線図を用いた空気の状態変化、冷温熱源機器の容量とファン、ポンプ、ダクト、配管サイズなど空気調和設備における設計に必要な計算ついて説明します。続いて給排水衛生設備では、その概要を説明し、衛生器具レイアウトと給水設備、給湯設備、排水通期設備について負荷と能力の算定について説明します。
 空気調和換気設備と給排水衛生設備のシステムと応用的な計算を説明します。その際、現実に即した数値を入れた計算問題を解くことによって理解の向上を図ります。また関連する資料も配布しますが、黒板を用いた説明もしますので、ノ−トをとる必要があります。限られた時間内での取り組みだけでは不十分である故、予習、復習など各自の授業時間外における学習が必要です。成績は授業内容の理解度を定期試験で確認します。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成