授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築設備設計演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本科目は建築設備計画と連続した科目であり、空気調和設備と給排水衛生設備を演習により理解するものです。建築設備の分野は、ただ単に理論的にシステムや計算を説明しただけでは理解しにくく、実際にも応用しづらい面があります。そこで本科目では建物を設定し、実際に行われている設計の手順に従って空気調和設備と給排水衛生設備の設計を行い、設計図書を作成することで、より深く実務的な基礎知識を習得し、理解することを目標としています。
 本演習はまず設備を設計する建物を設定することから始め、次に建築設備計画の授業で説明した計算法をこの建物に適用します。まず、空気調和設備では設備機器の容量を決めるのに必要な負荷計算を行い、熱源機器、ファン、ポンプ、ダクト、配管などのシステムを設計して計算書を作成します。次に、給排水衛生設備では衛生器具レイアウトを受けて給水設備、排水設備、給湯設備、通気設備について負荷と能力を決定します。最後に空気調和設備と給排水衛生設備の設計図書を作成することで終了します。
学生にはこの演習により、深く建築設備を理解し、建物の設計、施工に役立てることを望みます。特に、建築設備技術者を志す人はこれを基礎として発展することを期待します。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、5セメスター以降が履修条件になります。本科目は特に建築環境工学、建築設備との関連が深いので、予めこれらの科目の内容を理解しておく必要があります。また物理学などの一般的な基礎知識も必要となります。なお、建築設備計画で本科目に必要なシステム、計算などの説明を行っているので、この科目を同時に履修していることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
 本演習はまず設備を設計する建物を設定することから始め、次に建築設備計画の授業で説明した計算法をこの建物に適用します。まず、空気調和設備では設備機器の容量を決めるのに必要な負荷計算を行い、熱源機器、ファン、ポンプ、ダクト、配管などのシステムを設計して計算書を作成します。次に、給排水衛生設備では衛生器具レイアウトを受けて給水設備、排水設備、給湯設備、通気設備について負荷と能力を決定します。最後に空気調和設備と給排水衛生設備の設計図書を作成することで終了します。
 建築設備計画の授業に基づいて本科目の演習を行うので、この授業に出席し、その内容を理解しておくことがポイントとなります。また実際の手順に従って設計をするので、1回1回の演習課題を確実に終わらせておくことが必要です。限られた時間内での取り組みだけでは不十分である故、自宅学習が重要になります。成績は授業への姿勢、出席、レポート(演習課題)で行います。
 限られた時間内での取り組みだけでは不十分である故、予習、復習など各自の授業時間外における学習が必要です。成績は授業内容の理解度を定期試験で確認します。

学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成