授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築構造力学2・演習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 建築学を学ぶ上で、構造学は建物の自重及び人間や物品等の常時加わる荷重ばかりでなく、一時的に外部から建物に作用する可能性のある風荷重および地震荷重等の多様な外力に対して構造物の力学的安全性を検討し、有効な構造形式を検討する上で最も重要な学問であるといえます。建築構造力学1A・演習あるいは建築構造力学1B・演習において、柱や梁等の線材の力学を学び、その組み合わせから構成される骨組構造を対象とした力学の取り扱い方を学んできました。本講義の授業目標は、実際の構造物に近い不静定ラーメン構造の構造計算方法を修得することです。本講義を受講することにより、平面骨組構造の解法を理解し、その計算方法を身に付けることが可能となります。

先修条件または
他の授業科目との関連
 本講義の先修条件は、建築構造力学1A・演習あるいは建築構造力学1B・演習を修得していることです。本講義の履修により、建築構造解析・演習の講義を理解することが容易になります。
履修のポイント
留意事項
 本講義の修得はこれまでの構造力学の場合と同様に、毎回の講義の積み重ねにより達成されます。授業内容を理解し易くするためには、予習及び復習を行うことが大切です。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成