授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築基礎構造
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
いかに美しい建築物であっても、またいかに住みやすそうに見える建物であっても、その建築物の基礎が地盤の良し悪しすなわち地盤性状を無視して設計されたものであれば、それは単なる砂上の楼閣にすぎません。建物の基礎を合理的かつ安全に設計するためには、建物を支えている地盤の強さと変形に関する知識および建物の基礎の構造について、十分な知識を持っていなければなりません。本授業では、まず地盤調査の方法について説明し、調査の結果、得られた土の物理的性質と力学的性質の意味を理解した上で、基礎・地盤の支持力や建物の沈下と変形量について説明します。この講義では、常に現場を意識して現場と理論を融合させるように、建物の基礎について解説することを目標とします。本授業を履修することにより、地盤に起こりうる様々な現象に対してそのメカニズムや論理を考えることができる工学的な知識を身につけることができます。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は設けていませんが、本授業は上部構造や建築施工と密接な関連があるため、「建築鉄筋コンクリート構造・演習」、「建築鋼構造・演習」および「建築施工」の科目の履修を強く推奨します。
履修のポイント
留意事項
授業に対する消化不良を起こさないためにも、十分に理解できなかった点があれば、積極的に小テストの時間に質問してください。なお、建築基礎の設計には土質工学の知識が不可欠であり、土質力学や地盤工学の専門書が大いに参考になります。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成