授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生産・構法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
どんなに素晴らしい設計案でも、それを的確に具体化するための生産のプロセスを経なければ名建築にはなり得ません。生産のプロセスとは、様々な材料を所定の構法で組み立てる過程のことです。この際、使用者が要求する性能を具現した建築物を施工するためには、適切な材料と構法を、合理的に選択する必要があります。
 本授業では、まず、基本的な生産のプロセスの仕組みについて概説します。その後、すべての建物に共通的する土質および基礎に関する技術や、現代建築の代表的構造である木構造、鋼構造、鉄筋コンクリート構造に関する技術について、構法、材料を中心に解説します。また、最新の構法、材料についても紹介します。

先修条件または
他の授業科目との関連
生産のプロセスや代表的構造の構法、材料に関する知識は、将来設計者、施工者、技術者のいずれになるにしても常識として身につけておくべきものです。本授業は、必修ではありませんが、是非履修することをおすすめします。
本授業に先修条件はありませんが、「生産・構法実験」および「建築材料」とは相互に補完的な関係にあります。また、「建築施工」および「建築鉄筋コンクリート構造・演習」、「建築鋼構造・演習」などは、本授業を履修しておくことにより、理解と興味を深めることができます。

履修のポイント
留意事項
本授業で学ぶ知識は、将来の実務で必ず必要になるものです。関心を持続して知識を吸収し、様々な分野で役立ててください。
学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成