授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海外建築研修
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
海外建築研修は、約2週間の海外建築都市研修旅行での体験を通して、大学での講義や演習からでは得られない実践的な知識を習得する授業・演習科目です。
この授業では、主に夏期休暇中に計画される海外建築都市研修旅行への参加を対象としており、研修対象などを事前に教員と共に学習し、研修後にレポートを提出することで評価を受けることが条件となっています。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。授業内容をより理解するには建築史や建築設計に関する基礎知識が必要となるため、4セメスター以降での履修を推奨していますが、2セメスターでも履修可能ですので、海外建築都市研修旅行参加の際に教員と相談してください。
履修のポイント
留意事項
海外建築研修は、主に海外で行われる授業です。研修先の事前学習はもとより、研修先での団体行動には、学外の情報を収集していく高い意識と協調性のある行動力・責任感が求められます。
履修にあたっては、海外建築都市研修旅行の参加が前提です。

学部・学科必修/選択の別
工学部 建築学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成