授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 計算工学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
  理工学の分野では対象とする多くのものが微分方程式によって数理モデルとして
表現することができます。計算工学とは、そのような数理モデルから出発して解を
得るまでの方法に関する学問分野です。この授業では、計算工学の概要、各種数値
解析手法(アルゴリズム)を解説し、コンピュータ実習で数値シミュレーションを
行いながら各種計算技術を修得し、卒業研究や各専門分野での研究等に、これらの
技術を充分に活用できる情報処理能力と応用力を養う事を目標としています。
  なお、この授業で育成する力・スキルは、自ら考える力、工学を理解するための
基礎力、航空宇宙学を応用する力です。
先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はないが、基本的なプログラム作成ができることを前提としています。
この授業は情報処理関連科の基礎科目で、関連科目としては「基礎情報処理」また
は「プログラミングC」等のコンピュータ関連科目があります。
履修のポイント
留意事項
 授業後、具体的な例題を用いて随時コンピュータ実習を実施します。必要に応じて課
題を出し課題実習も行います。
学部・学科必修/選択の別
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択

2020/10/12 14:57:57 作成