授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンパイラ
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本科目では、「授業で育成する力・スキル」で記した3つの力を育成するために、下記のとお
りコンパイラの基礎である言語理論、字句解析、構文解析、意味解析の理論について学び、
実際に簡単な言語変換プログラムを作成する。
 (1)  プログラム言語と処理系を明確に定義するとは何か、言語、オートマトン、文法に
   ついて学ぶことで、言語理論を理解する力を養う。
 (2)  字句解析、構文解析、意味解析について学ぶことで言語を変換するための力を養う。
 (3)  簡素な言語変換プログラムを作成し、理論の積み上げに基づいたソフトウェア開発力
   を養う。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。基本的にプログラミング入門、およびプログラミング応用を履修していることが必要である。
履修のポイント
留意事項
本科目は、プログラムが機械語にどのように変換されるかを理解する内容であることから、プログラミング入門で学ぶ文法が理解できていること。また、理論に基づきコンパイラを構築する際には、プログラミング応用で学習した内容が必要となる。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 組込みソフトウェア工学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成