授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ハードウェア設計
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
プログラムやデータなどのソフトウェアに対して、物理的な構造を持つ回路をハードウェアと呼ぶ。本授業ではデジタルハードウェア開発の手法として、ハードウェア記述言語にによるハードウェア設計の理論と実践を実習を交えて学習する。ブール代数を中心とした組合せ回路と記憶素子を含む順序回路の記述手法からはじめて、ハードウェアアルゴリズムの考え方、記述したシステムの検証方法と進み、中規模なハードウェア回路の設計を行う。以上の講義を通してハードウェア設計の基礎的技術を習得させ、システムLSI開発能力を育成する。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。
履修のポイント
留意事項
組み合わせ回路、順序回路、プログラミングの基礎的な考え方を理解していることが望ましい。予習、復習を十分行うことによって講義についていくことが出来る。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 組込みソフトウェア工学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成