授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 信頼性と安全性
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
信頼性や安全性を高める技術は、高度に進化を遂げて大規模・複雑化した社会システムを安心して構築・運用するために欠かせない。いわゆるライフラインと呼ばれる分野では信頼性に関する技術の実績が豊富であるが、近年、コンピュータシステムにおいても、トータルで信頼性・安全性を確保することが求められるようになってきた。本授業では、信頼性と安全性を向上させる基礎技術を学び理解することを目標とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。確率統計をあらかじめ履修しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項
コンピュータシステムを単に設計できる能力だけでなく、信頼できるシステム設計や安全なシステム設計の技術を修得することは、仕事としてのシステム設計で重要な技術となってくる。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学部 組込みソフトウェア工学科 選択

2020/10/12 14:57:57 作成