授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境社会学入門ゼミナール
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本科目は、大学・学部及び環境社会学科における初年次導入教育として、大学で学ぶことの意義を理解し、大学生活の過し方と学習計画、学び方に関する様々な知識とスキルなどを身に付けることを目的としている。また、講義はオムニバス形式で実施し、概ね次の内容に大別される。
@大学で何を学ぶのか、また何のために学ぶのかを最初に理解させ、環境社会学科カリキュラム及び履修モデルについて説明する。さらに、大学における講義の様式と学習方法について学ぶ。
A大学の講義において重要視されるレポート作成の要領と文書表現等について学ぶ。また、学習に必要な図書・雑誌等の検索方法や文献講読法について学ぶ。
Bパソコン及びインターネットの正しい利用法と基礎的なスキルについて学ぶ。また、基礎的なプレゼンテーションスキルについて学ぶ。
 本講義を通して、大学での学習全般に必要な知識と技術及び、コミュニケーション力や関係構築力などの集い力を身につけ、今後多様な環境問題に取り組む実践力を培うための基礎力を養う。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は無し。本科目は、初年次導入教育を目的として開講されるものであり、学部・学科の全科目に対して潜在的に関連する。
履修のポイント
留意事項
本科目の履修のポイントは、大学における特に学習方法とその周辺の関連事項について、知識とスキルを確実に身に付けることである。大学生としての第一歩を確実なものとすることが、その後の4年間の成果にかかわることを認識し、積極的な学習姿勢で取り組むことが重要である。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 必修

2020/04/02 19:25:52 作成