授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境と社会
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
本講義では、環境問題を、生態系システムと社会システムの関わりから理解する方法を学びます。講義では、まず自然と人間の関係のあり方に関するこれまでの議論を踏まえて、自然と人間の二元論を乗り越える関係性=「かかわり」に着目した社会的リンク論など、環境をめぐる社会学的な考え方の基礎を学びます。さらに、社会的・経済的リンクと文化的・宗教的リンクのネットワークの中で総体としての自然と関わる「生業」と、部分的な関わりしか持たなくなった「近代的産業活動」の特質など、具体的な事例を交えながら検討を加える中で、環境問題の本質を理解していきます。
本講義では、さまざまな映像のアクティブな視聴や統計資料の読み解き、そして小レポート課題の作成を通じて、<自ら考える力>(学習力、思考力、探求力)を養います。また、<環境と社会との関係の理解>(環境問題に対する政策や経済的視点など、環境と社会の係わりを正しく理解する力)とともに、環境問題の本質的な理解を通じて、<人と社会を知るスキル>(人間・社会・環境を理解し、未来を見つめる力)を養うことを目標とします。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は特にありません。
履修のポイント
留意事項
講義中に、図表の作成や小レポートの作成などさまざまな手作業を行ってもらう予定です。また個人の見解を表明する機会を多く持ちたいと考えています。学生諸君の積極的な参加を期待しています。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 必修

2020/04/02 19:25:52 作成