授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 水辺再生の技術
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
わが国では、高度経済成長による産業化と化学合成物質の大量な使用によって水域が汚染されてきました。また、都市化と臨海部の工業地域の造成、レジャーランド施設の建設に伴う埋立てによって沿岸部の浅瀬や干潟が減少しました。
 ここでは、先ず、浅瀬と干潟の生態系における役割と意義について述べます。続いて、生物活動と生物生産にとって重要である水辺の再生技術について、テクニカルな手法と本質的な観点に立った手法について詳述します。

先修条件または
他の授業科目との関連
関連科目として「里海・里山の創成学」、「環境といきもの」、「海洋生態系の保全」、「砂浜生態系の保全」、「環境フィールドワーク」「自然環境の保全と再生」、「サンゴ礁の保全と再生」など多くの科目があります。これらの科目の目的は、自然環境を良くすることにありますので、関連性を持って学んでください。
履修のポイント
留意事項
壊れた自然を再生することは、難しいことです。しかし、何もしなければ益々自然が失われて行きます。現在生きている人だけでなく、今後生きる人々にどのような環境を渡すべきか考えて学んでください。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 選択

2020/04/02 19:25:52 作成