授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海の自然観察実習
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
海は、深海から浅海域、外洋から沿岸域と多様な生態系が複雑に絡み合った生息環境である。そこには、それぞれの生態系に適応した多種多様な生物が生息している。この海の自然を深く理解するためには、海洋生物や海洋環境に関する専門的な調査技術が必要である。本講義では、生物の分布や分類、水質および土質調査、物理環境調査技法など、野外での調査・観察を実施する上で必要となる技術と知識を、砂浜、岩礁域、沿岸域での実習によって習得する。
先修条件または
他の授業科目との関連
特にない
しかし、生物の分類や環境観測技術の基礎的知識を学習しておくことが望まれる。
履修のポイント
留意事項
現場での実習であるため、心身共に健康であることが大切である。加えて、率先して行動する意思と他者との協力関係を築く努力を惜しまぬ学生の履修を望みます。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 環境社会学科 選択

2020/04/02 19:25:52 作成