授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ディジタルパブリッシング
授業科目の区分 自己学修科目    自己学修科目
授業の目標
コンピュータ上での文書の取り扱いは、ワープロの利用が中心であったが、ICT(情報通信技術)の進歩により、個人レベルでの出版原稿作成ができる環境(ディジタルパブリッシング:DTP)が整ってきた。出版原稿においては、図や写真などを配置し、デザインの観点での美しさを考慮することが不可欠となっている。そのためには、フォントの選び方、レイアウトなどを考慮したページデザインに関する知識が必要となっている。それらの基本的知識を学習した後に、実際のDTPソフトウェアを利用し、出版原稿の作成手法について実践的に学習することを目的とする。
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。ワードプロセッサを使った文書作成や印刷、ファイルの複製などの基本操作ができるものとして授業を進める。なお、「ディジタルイメージング」を履修済みであることが望ましい。
履修のポイント
留意事項
(1)実際に出版原稿を製作する実習を含む。
(2)製作した作品によって成績を評価する。
(3)成績評価の基準は、授業担当者の提示するシラバス詳細を参照すること。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 看護学科 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択
文化社会学部 選択
健康学部 選択

2020/04/02 19:25:52 作成