授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝基礎科学1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
概要:
 人間の遺伝問題がどのようにして生じるのかを科学的に理解できるようにするための基礎知識を講義・演習を通して身につけ、遺伝基礎科学Uの理解へと繋げる。学習内容は、
1.細胞遺伝学、分子遺伝学、免疫遺伝学の基礎を学習する。
2.遺伝様式を理解し、遺伝頻度推定の基礎を理解する。
3.ゲノム研究が遺伝医療へいかにインパクトをもたらしたかを理解する。

目標:
1.染色体の基本構造、細胞分裂と染色体分離を学び、染色体異常の種類と発生機序について理解し、染色体分析法について説明できる。免疫応答の遺伝について学び、組織適合性とその遺伝について理解する。

2.DNA・RNAの構造や遺伝子発現の仕組みを理解し、遺伝子の変異や多型について学び、遺伝頻度推定の基礎を説明できる。
   
3.生殖医療や再生医療での最新のトピックスを学ぶことで、ゲノム研究の遺伝医療への影響について理解する。
履修のポイント
留意事項
履修のポイント:
授業への参加度、プレゼンテーションレポートおよび筆記試験を総合して評価する。
内容に合わせて様々な参考資料を配布するので、目を通して疑問点を抽出させておくことが必要である。

留意事項:。 
遺伝看護学を学ぶ基礎として位置づけているため、初年度に履修することが望ましい。


学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成