授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝看護学実習1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
(概要)
 講義で学んだ知識・技法に基づいて、遺伝診療部門において遺伝的課題を持つ人々の医
 療を見学し、遺伝医療における看護の機能・役割を包括的に捉えると共に、遺伝医療 
 チームの協力関係について理解し遺伝看護を実践するための基礎的態度を養う。

(目標)
 1.遺伝看護実践の場に必要な知識・技法を理解し、遺伝看護の役割や機能について考   察することができる。
 2.遺伝医療の中で一般的な遺伝学的検査の方法および結果の解釈について説明するこ   とができる。
 3.遺伝看護実践の場における保健・医療チームの協力関係のあり方について説明する   ことができる。
 4.遺伝医療チームのカンファレンスに参加し、遺伝医療に求められる倫理的配慮や    チームの中での遺伝看護師のあり方について、考察することができる。
 5.実習を通して、遺伝看護とは何かを考えると同時に、遺伝看護を学ぶ上での自己の   課題を明確にすることができる。

履修のポイント
留意事項
専門看護師を目指す者にとって、必須の科目である。
履修は、2セメスターからの開始である。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成