授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族健康論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
本科目は、家族および家族看護を理解するための基盤となる科目である。家族支援専門看護師が置かれる家族を取り巻くさまざま分野の基盤理論を学習することで、家族支援専門看護師としての卓越した視点を身に付けることができる。前半では、家族看護学を構築する基本的な概念「家族」「家族の健康」「家族と環境」「家族看護」を理解することを目標とする。これを学ぶにあたり、国内外の家族看護学のテキスト、文献をレヴューし「Family」「Family Health」「Family Environment」「Family Nursing」を探究する。
後半は、家族看護を展開するとき重要な背景理論を学習する。「一般システム論」「発達理論」「危機理論」は、家族看護介入をするうえで最も基盤となる理論である。また家族の構造と機能の観点から「ネットワーク論」「ジェンダー論」を学習するとともに、全体論の観点から健康と家族を捉える「Health as expanding consciousness」について学習する。


履修のポイント
留意事項
この科目は、家族健康論1と2を春学期と秋学期の順で、合わせて1年間で履修する
ことが必要である。なお、家族援助論と平行して履修することが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成