授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族健康論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
本科目は、これまでの家族看護の基礎理論・概念・モデルに加えて、ケアとキュアの観点からより対象の健康と生活を構造的、機能的にアセスメントでき、広範囲に臨床で用いられる家族像を構造化し看護の介入方法のための基礎概念を学習する。具体的には家族ヘルスプロモーション、ファミリーセンタードケア、ケアリング、パートナーシップ、ヘルピングスキル、プライマリケア、緩和ケア、ストレス対処、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの概要を理解し、家族の健康と生活を考え、家族支援の方略を考察する。こうした近接・関連領域の概念・モデルを理解することで、各自が家族支援専門看護師として幅広い観点と卓越した知識、技術の基礎を修得することができる。そうすることで、複雑で対応困難な健康障害を有する患者と家族に対し、自らの専門領域(NICUから小児領域、母性領域、成人・老年領域)を想定しながら入院、在宅、施設に至るあらゆる場で生活する患者家族の健康へのアプローチに活用することができる。そのため本科目では、家族の健康と生活の関連をアセスメントする理論とその活用方法を学習し、家族看護臨床へ統合することを目標とする。
履修のポイント
留意事項
この科目は、家族健康論1に引き続いて履修することが必要である。また、家族援助論
1,2と平行して履修することが望ましい。


学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成