授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族看護学実習1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
本科目は家族支援専門看護師の役割習得の基盤となるものである。家族支援専門看護師は、家族看護において卓越した専門的能力を持つ実践者であることから、総合的な判断力と組織的な問題解決力を持つことが望まれる。さらに家族支援の専門領域における新しい課題にチャレンジし、現場のみならず教育や政策への課題にも反映できる開発的役割がとれるような、変革推進者としての機能が求められている。本科目では、家族支援専門看護師が勤務する医療機関でその活動を見学し、役割への理解を深め、学習の動機付けとする。家族支援専門看護師が関わる事例をケアとキュアの視点から自らもアセスメントし、家族看護実践を分析する。この見学実習を通じで療養者と家族への支援、組織への働きかけ、チーム形成および教育について理解し、家族支援専門看護師の役割、活動を修得する。
履修のポイント
留意事項
実際の実習スケジュールは、家族支援CNSの業務に合わせる形で、個別に作成
し、打ち合わせを十分に行う

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成