授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 クリティカルケア看護学アセスメント・援助論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
本科目は、急性・重症患者看護専門看護師教育課程の専攻分野共通科目「クリティカル状況のフィジカルアセスメントに関する科目」(2 単位)に相当する。集中的・高度な治療を必要とするクリティカルケアな成人を中心にフィジカルアセスメントについて学習し、小児ならびに高齢者の特徴も含めて理解する。さらに、クリティカルならびにポストクリティカル状態にある成人の病態、生理学的変化ならびに生活行動、機能回復の状況を把握するためにシミュレーション教育を受けながら、高度な知識・技術と高度看護実践について修得する。

達成目標:
 集中的・高度な治療を必要とするクリティカルな状況にある患者の心身の変化をアセスメントするために必要な高度な知識と技術について修得する。

履修のポイント
留意事項
授業の進め方:
 関連する文献や論文をあらかじめ読んで参加し、活発な討議を行う。授業展開後は、主体的に最新の知見について理解を深め、臨床への応用において学習を統合する。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成