授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 クリティカルケア看護学実習3
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
クリティカルケア看護学実習1,2を踏まえて、重症・集中治療を受ける患者と家族のケアを行う部署の中で複雑多岐に渡る病態ならびに対応が困難な患者を受けもち、治療への反応に対する高度なアセスメントにより、全人的な苦痛緩和のための看護実践を行う。また、クリティカルな状況にある患者のケアにかかわる家族、看護職、他職種などに対しての調整・教育・コンサルテーション・倫理調整の機能、リーダーシップに加え、初療での対応やトリアージを学習する。実習を通して、クリティカルケア看護におけるCNSとしての自己の課題を見出す。

達成目標:
1.クリティカルな状態にある患者のケアについて適切かつ迅速な看護判断ができる。
2.患者・家族の理解やケアに理論やモデルを活用することができる。
3.患者及びその家族の全人的な苦痛を効果的に緩和する。
4.術後やポストクリティカルな患者のケアを通して、実施したケアの評価ができる。
5.患者の人権とプライバシーに関わる倫理的問題を見極め、適切に対応することができる。
6.医療チームが円滑に機能し、必要なケアが提供できるよう調整役割をとることができる
7.クリティカルな状況にある看護に求められる卓越性や専門性について考察を深めることができる。
8.自己の実習体験を評価し、専門能力を維持向上するための自らの課題を明確化できる。

履修のポイント
留意事項
授業の進め方:
・高度医療の場において、高度なアセスメント、実践力の修得、専門看護師の役割・機能などの内容を網羅した実習計画を熟考の上、実習要項に基づき計画書を作成し、実習を合計4 週間以上にわたり行う。
・専門看護師の高度実践、リフレクションにより自己の実践力を磨く。
・日々の実践内容を実習記録、ケースレポートに的確に表現する。
成績評価の方法:         
 成績評価については、下記のとおりの基準と配分より行う。
1.実践状況、実習記録                            70% 
2.課題に対するケースレポート(資料の作成過程および資料内容等も含む)    30%
 尚、出席が3分の2以上に満たない場合は、単位の取得は不可とする。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成