授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん緩和ケア論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
【育成するスキル】

治療期にあるがんを持つ人と家族に対する、包括的なアセスメント力と、症状マネジメントを達成する介入や調整のスキルを身につける。

【授業要旨または概要】
@がん患者の身体症状を病態生理学的に把握し、治療効果とがんや治療に伴って生じる看護上の問題を包括的に捉えるための高度な臨床判断能力を養う。
Aがんの診断早期からの痛みなどの身体的問題および医療者が直面する問題について、多職種と協働しながら医療介入するために必要な知識・技能を習得する。

【達成目標】
1.緩和ケアについて歴史的変遷やその概念や治療との併行診療について理解し、その現状と問題点について追及できる。
2.がん性疼痛の発生機序や診断、患者の苦痛を緩和する適切なマネジメントについて理解し、事例を基に介入法について探究できる。
3.患者や家族が抱える全人的苦悩について理解し、そのアセスメントおよび介入法を理解できる。
4.緩和ケアにたずさわる看護師の苦悩と教育について理論を用いた介入について理解できる。
5.がん患者の疼痛とがん関連倦怠感及びリンパ浮腫の症状マネジメントと実践法について身につけることができる。
履修のポイント
留意事項
【履修のポイント】初年度に履修することが望ましい
【留意事項】ゼミナール形式で行う。学生のプレゼンテーション、討議が重要な学びの機会となる。実践事例の提示が必要となるため、これまでの実践をまとめておくとよい。積極的な参加を期待する。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成