授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん看護学実習2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
<授業要旨または授業概要>
 がん診療連携拠点病院において、治療期にある(がん薬物療法を受けている)複雑で対応の難しいがん患者・家族への専門看護師としての役割開発を通して、高度な臨床判断に基づく身体管理、症状緩和や療養過程における問題解決能力を習得する。同時に、変化する社会と保健医療の状況の中でより適切なケアを多職種とともに検討・調整する能力を養う。

<達成目標>
1.フィジカルイグザミネーション技術を活用して、がん薬物療法を受けている複雑で対応の難しい事例に対して、多職種と協働しながら高度な臨床判断のもとで治療効果についてアセスメントし、問題を抽出することができる。
2.がん患者・家族を対象として、高度なアセスメントに基づいた実践(直接ケア)・評価を行い、専門知識・技術の向上や開発を図るべき課題を探求できる。
3.治療を受けるがん患者とその家族の尊厳を守り、治療や緩和ケアにおける倫理的な問題について的確な臨床判断ができる。
4.治療および療養環境を整えるために、多職種と調整を図ることができる。
5.がん患者や家族、さらに医療者に対するコンサルテーションについて習得する。
6.在宅医療への移行に必要な教育・支援および、社会資源の活用を考えることができる。


履修のポイント
留意事項
実習計画と具体的な調整は指導教員との相談のもと主体的にとりくむ。
他の分野選択科目を履修しておくことが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成