授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 臨床薬理学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
<授業概要>             
 疾病の治療や診断などの目的で多様な医薬品が様々な方法で患者に投与されており、看護職者は医薬品の薬理作用や体内動態、副作用や毒性などの知識を備える必要がある。
 本科目では、@薬剤の人体における作用機序と体内動態、有害作用、治療薬物モニタリング等の臨床薬理学の基礎的知識。および、A緊急応急処置、症状管理、慢性疾患などに必要な薬物療法について、薬剤使用の判断、投与後の患者モニタリング、生活調整、回復力の促進、患者の服薬管理の向上をはかるための知識と技術。以上を教授する。

<達成目標>
@臨床判断に必要な薬理学について理解できる。
A各器官系の構造と機能と各器官系に発生する各種疾患の発生機序の概略を説明できる。
B各種疾患の治療に用いられる代表的や医薬品の作用機序を説明できる。
C各専門分野で特徴的な薬剤が使用されている患者のモニタリング、症状管理、服薬管理、服薬指導、看護援助方法について、実践的な臨床判断において重要な知識および技術を説明できる。

履修のポイント
留意事項
ゼミナール形式の授業を含むため、提示される課題・テーマにつき事前に予習して授業に臨み、事後は学習成果をまとめておくこと。また、ディスカッションには積極的に参加すること。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2020/10/12 14:58:48 作成